買い物の言い訳

私がなにかを気に入るとき、それはだいたい一目惚れ、
または、何だこれ?と第一印象はむしろ嫌いかもぐらいに思うのですが
時と共にじわじわと気になりはじめ、最終的には参りました、となるか 
どちらかのパターンです。 
きっと後者は、私の理解の域を超えている場合で、 
頭が徐々にそのものに追いついていくのだと思います。
私は気に入ったものは、なるべく手に入れたいと思います。
そのものを作った人に対する最大のリスペクトが購入という行為だと
思うからなのですが(買い物に対する言い訳でもありますが)
逆にリスペクトできないものやことにはお金は使いたくないので
人から見たら、太っ腹なのかケチなのか??
…メリハリのある大人と呼んで下さい 笑。
そんな自覚なく買い物をしている人が大多数かもしれませんが
気付く人が少しでも増えたら
今の世の中の閉塞感がちょっとはマシになるんじゃないか、
と思う今日この頃です。