名前と値段

いわゆる洋服バカの私は
今までにいろんな洋服を買って、買って、いっぱい買って
失敗を繰り返して今に至ります。
幸いなことにコレクター気質ではないので
自分の中で見切りがつくとあっさりと手放せることもあり
部屋中、服に埋もれるという事態からは逃れられています。
そんな中でも気付いたら10年経っていた、という洋服もちゃんとあり
なるべくこれからはそういう買い物をしたいし
お店でお買い物してくださる方にもそうであってほしいと思っています。
10年手元にあるものに共通することってなんだろう?と考えてみると
一本筋が通っていて、それが時が経っても古くさくならなくて
ブレないから飽きないのです。
むしろ、さらに愛着が増す感があるのが不思議…

何が言いたいのかと言うと、
そのモノの本質をしっかり見抜いて選んでほしい、ということです。
そのお洋服、ブランドのタグが付いていなくても選びますか?
値札を見る前に、きちんと洋服を見ていますか?
私にも、もちろん好きなブランドはありますし
その部分に頼って選んでいることもあります。
ただ、そればかりを続けていると、ものを見る目が曇るので
あえて背景を知らないブランドを見て、
先入観なしにいいと思えるものを選ぶことも忘れないようにしています。
本当に力のある服やモノって、タグや値札を見なくても
すごく存在感があって圧倒的なオーラを放っているのですよ。
そして、安い、高いにはきちんと理由があることをお忘れなく。